MENU

紫外線対策 赤ちゃんにオススメの紫外線対策とグッズ

紫外線が赤ちゃんのお肌に与えるダメージは、大人以上に深刻なことから、かつては推進さされていた「日光浴」も今は逆に避けるべきとされています。

それどどころか、お日様に大事なお肌を当てること自体を、"良くないこと"とする考え方が主流になっています。

かといって、一歩も外へ出さないというのも不自然です。赤ちゃんだって「オンモ」へ出たいんですから。

外出するときは、つばの広い帽子をかぶせ、さらにブラインドがついた乳母車で、しっかり日よけをして出かけましょう。

外出する前には、SPFやPAの弱い日焼け止めでいいので、赤ちゃんの肌が日に当たると思える部位は余すとことなく塗っておくようにすることも忘れないでください。

紫外線対策の重要アイテムとしての日焼け止め、すなわち紫外線防止剤には、吸収剤と散乱剤と2種類あるのはご存知ですか?

主に化粧品などに普通に使われている吸収剤は、お肌の上で化学反応を起こして紫外線を撃退するものであり、散乱剤は、お肌にバリアを張って紫外線を跳ね返すものです。

赤ちゃんのお肌のようにデリケートで、ちょっとの刺激で乾燥しやすい肌には、散乱剤の方が適当です。

デメリットは、やたら白くなりやすいという点のようですが。

大人の場合も、2〜3時間おきぐらいに化粧直しをすることが推奨されていますが、赤ちゃんも一緒です。

汗はかかなくても、ゆだれや飲みこぼしなどで、せっかく塗った紫外線防止剤もあっけなく流れ落ちてしまいますので、こまめに塗りなおしてあげましょう。

家に帰ったら、石鹸をつけてきれいに紫外線防止剤を洗い流した後で、保湿クリームなどで、お肌の保湿を守ってあげることも忘れないでください。

ある意味、赤ちゃんこそ、こまめな紫外線対策が必要ということですよね。

関連ページ

家庭菜園で安全な食料を作ろう
家庭菜園で自分で作れば、安心して食べられる作物を作れます。中国の野菜は心配ですし、実は国産だって、除草剤などを使っていっぱい、永見愛で見れは゛安心かどうか分からないのです。
驚き、サプリは死亡リスクを高める
健康に唯の思っていたサプリメント。実は、死亡リスクを高めているという当家うまれてきてくれても出でいるのです!サプリ信者はもう一度考え直した方がいいですよ。
チアシード体験・満腹感で痩せられる?
南米原産の植物チアの種子の事、で特にメキシコ産はよく知られているもので、満腹感が持続するので自然に食事制限が出来る事らしいです。